【昭和レトロ】玉子パン(レシピ付き)【昔懐かしいお菓子】




(´・ω・`)ノシ
こんにちは!
今日のMENUです。


もうすぐ、ゴールデンウィークなので家族で作れて
ベーキングパウターも、バターも、バニラエッセンスも使わない


スマホもガラケーもまだ無く、全てがアナログだった時代の
素朴で懐かしくて美味しい超簡単なお菓子を作ります。(。・_・。)ノ


今日はレシピ数値付きです。\(^o^)/


(・∀・)パンて名が付いてるけど、食感はクッキーなんだな。


\(^o^)/さぁ!持ってけルパン!
キャッツアイも寄っといで♪


【作り方★レシピ】
●薄力粉・・・150g
●全卵(L)・・・1個
●砂糖(上白糖)・・・110g

(砂糖はまぁ、-20gまでの間でお好みにより減らしてもいいでしょう。
但し、砂糖の働きは甘みを付ける目的以外にも
保存性を高めたり、お菓子らしい食感を出したり
しっとり感や焼き色の濃淡にも影響を与えます。)



卵を溶く。




砂糖(110g)を加えて




モッタリするまでよく混ぜる。




薄力粉を振るいにかけて空気を含ませる。
振るうのは薄力粉内に混入している異物を除去する目的もあります。




2つを馴染むように混ぜ合わせる。




直後はスライム状で扱いにくいので
合わせた生地を容器ごと冷蔵庫に入れて15分程度寝かせる。




15分後、扱いやすい固さになった生地を
水を付けた手のひらに生地を適量取り出して


団子を作るようにして丸めた後
上から優しく押し潰して平たく成形して
オーブンシートの上に並べる。

これを予熱220℃のオーブンで8~10分程度焼く。




焼き上がり。
表面がポコッと膨らんでヒビが入ります。




カリカリサクサク。(・∀・)




卵の香りと砂糖のカラメル臭が香ばしい。(´Д`)




飲み物は 「コーヒー牛乳」にしました。(^^)
作り方は、お湯の代わりに市販の牛乳を温めて
インスタントコーヒーをまぜるだけの簡単なものです。
砂糖はお好みで入れてください。
因みにこれは“無糖”です。




《断面図》
ベーキングパウターは入れてないけど
中身が隙間なくぎっしり詰まっているのではなく




所々無数に穴が開いて空気が入り込んでいるので
噛んで固いと言う訳ではなく、ほろりと崩れます。




それでは作ってみてね。(^∇^)



(-人-)ごちそうさまでした!
関連記事
スポンサーサイト