FC2ブログ

【551蓬莱風】粗挽き豚と玉葱の関西風豚まんの作り方





(´・ω・`)ノシ
にーはお!
今日のMENUです。


今日11月11日はポッ〇ーの日ですが“豚まん(肉まん)”の日でもあります。


因みに《豚まん》も《肉まん》も
呼び方が違うだけで二つは同じもの。


関西では、肉といえば「牛肉」を指します。
なので《肉まん》と書けば《牛肉まん》になっちゃうのです。(^^;)
これが関東だと逆になるんだよね。(^^)d


で、今日は家庭向きにアレンジした
とても美味しい《オリジナル“豚まん”》 を作りたいと思います。(。・_・。)ノ


まぁ、ウチは普段からブログで “創作中華まん” を作ってるので(笑)
たまには “スタンダードな豚まん” を作りますね。


そして今回、“試験的”にレシピに 《分量》 を書いてみました。(。・_・。)ノ


\(^o^)/さぁ持ってけルパン!出血大サービス!(?)


【作り方★レシピ】
《フィリング(カヤク)》
●豚肉・・・125g
●濃口醤油・・・12g
●砂糖・・・10g
●胡椒・・・0.5g
●中華だしの素(ガラスープの素)・・・10g
●ごま油・・・6g

■玉葱・・・140g
■片栗粉・・・35g

「砂糖」と「中華だしの素」は、10gを《標準》として、お好みで若干増減してください。


《標準》のままだと 「551豚まん」 風です。


更にお好みで“砂糖”を増やせば
より甘味のある豚まんになります。


増やすなら+2g程度で良いかと。


“中華だしの素”は、1~2g減らしてもいいかも知れません。
まぁ、味はお好みで。


《皮(ネタ)》
〇薄力粉・・・200g
〇砂糖・・・25g
〇インスタントドライイースト(金サフ・耐糖タイプ)・・・4g
〇ベーキングパウダー・・・4g
〇水・・・110g(生地の状態により、100gでもいいです。)
〇サラダ油又はラード・・・6g


玉葱は前日に大きめ賽の目に切って、広めの容器に広げて冷凍しておく。
当日朝に常温で“半解凍”し、バラバラにほぐして“生”で使う。




こうすることで、細胞が崩れて玉葱が柔らかくなり




しんなり炒める手間が省けたり、蒸し時間の短縮にもなります。




豚肉は、ブロック肉(バラ肉が良い)を
穴の一番大きいアタッチメントを使い、ミンサーで挽きます。


市販のミンチを使っても構いませんが
精肉店により、赤身だけとか、脂身が多かったりするので
ブロック肉を買って自分で挽いた方が美味しいのが出来ます。




ボウルに豚肉と《調味料●印》を入れて粘りが出るまでよく練り込む。




練り終わり。




終わったら玉葱と片栗粉を投入してヘラで混ぜ合わす。




混ぜ終わり。
冷蔵庫で寝かせておく。




《皮》を作ります。
薄力粉、イースト、ベーキングパウダー、砂糖を投入してよく混ぜ合わす。




少しづつ水を加えながら粉に馴染ませるように捏ねていく。


捏ねていて、手にベタ付かなくなったら水を少し加えてまた捏ねる。
を繰り返す。


水を一度に入れてしまうと、べたついて粉を足す羽目になり
皮の食感も変わってしまう。




ある程度まとまったら油を投入して捏ねる。




一次発酵。
二倍くらいに膨らむまで。




一次発酵させたあと、生地内の空気を入れ替える為
パンチを2~3回繰り返しながら発酵させていきます。


そうすることで、よりキメ細かくなり、更に発酵力もパワーアップします。
蒸し上がりの食感もソフトになります。


このように生地が細かく糸を引けば、発酵がうまくいってる証拠です。
まるで裂けるチーズのようです。




パンチして二次発酵させる。




5つに分割。




生地を丸くのしてフィリングを包む。
フィリングも5等分する。




ヒダを作って包む。



鍋底にクッキングシートを丸く切って敷いた蒸し器に並べてセットして




豚まんの上に水が落ちないようにフタに【濡れさらし】などを挟みます。
※水滴が皮に落ちると、蒸し上がってフタを取った途端
温度差により、その部分が“真空”状態になり
(´・ω・`)キューッと萎んで、仕上がりが
凸凹だらけのひどい見た目になっちゃいます。



再び湯気が出てきたら強火で10分蒸します。




蒸し上がり。




網に並べて湯気を飛ばす。




出来立てをすぐ食べてもいいですが
味が尖った感じがするので、すぐに食べるより
一晩置いて味を落ち着かせてからの方が角が取れて美味しいです。


一晩置く場合、冷めてからラップかビニールに一つ一つ包み冷蔵庫で保存します。
(冷凍保存も出来ますが、1週間以内に食べてください。)



翌日、再度蒸し直すか、ラップかビニールをしたままレンチンすると良い。


甘みがあり、フカフカでキメ細かな皮です。




玉葱たっぷりです。(≧∀≦)




しかもジュワーと




肉汁が溢れます。o(^o^)o




お口に合えばいいんだけどね。(´ω`)



(-人-)ごちそうさまでした!
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。