人参スライスの飾り切り【蝶々(ちょうちょ)】編・二種類




(´・ω・`)ノシ
にーはお!
今日のMENUです。


当ブログで、たまに登場する人参スライスの飾り切り


色んな形がありますが、特に 【蝶々】 をよく出します。
これが一番お気に入りの形なのでね。(^^)


この手の人参やタケノコの飾り切りは、高級中国料理店
主に 炒めものスープ に使われています。


当ブログでも見栄えがいいのでそちら系に使ってます。


今回、このテーマで行こうと思ったのは読者さんの中に


『(-"-;)包丁一本で彫ってると言ってるけど
本当は《抜き型》を使って抜いてるんじゃないのかな?怪しい・・。(;¬_¬)ジー』



という 疑惑 があるみたいなので(^^;)
今日はそれを 払拭 するために連続写真で 実演 します。(。・_・。)ノ


イージー 】と【 難易度高め 】の
二種類ありますが、二つとも作ります。


その前に、切り方の図面を簡単に書いてみました。
下手くそですが、ご容赦ください(笑)。




これが イージー な切り方。
曲線がないので初心者にはやり易いです。




そして、これが 難易度高め なプロフェッショナルな切り方。


細い触角や曲線があります。




ではまずは イージー なものから。




皮をつけたまま人参を半分に切り




包丁を使い、曲面に沿って皮を剥きながら、カマボコ状に成形して
(※最初に皮を剥いてから半分にしても構いません。)




上を切り落として台形にします。




あとは包丁を使い、V字に切り込みを入れていって切り取っていきます。




包丁を使いたくないなら、100均に売ってる
V字刃の【野菜用彫刻刀】を使ってもいいでしょう。




クルッと回して、左側も同様に切り取ります。




逆さにして、触角を作ります。








クルッと向きを変えて同様に。












向きを変えて同様に切り取ります




最後に横にもV字に切り込みを入れます。




向きを変えて同様に切り取ります。


これでイージー版の出来上がり。
後半で切ります。


続いて、 難易度高め
まぁ、上の応用みたいなもんです。


これは、半月状態のまま使います。




包丁で順に切り目を入れて切り取っていきます。








クルッと回して、利き手の方に向きを変えて同様に切り取ります。




逆さにして、触角を作ります。








難関の 細い触角 いきます。
1mm厚に包丁をスライドさせて、真ん中のV字切り込みの手前ギリギリで
包丁をグッと斜めに立てて下に少し潜って


突き当たりで、僅かに包丁の刃先を後ろに引いて
下から掘るようにグルッと小さく丸く切り込む。


そして、包丁を上か下かどちらでもいいですが、軽くスライドさせると


爪楊枝大の人参クズ1本が、包丁の刃先にくっついて出てくるので取り除く。


これを取らないままだと、触角がはっきりしません。





反対側も同様。








横を切ります。
イージー版と違い、丸みのある曲線 にします。
反対側も同様。




あとは、これを 金太郎飴 みたいに切るだけ。(^-^)d




普通のスライスより、やや厚めに切ります。
調理中に形が崩れないようにするためです。








形が崩れない程度に軽く(固めの)下茹でしておきます。




冷水に落として冷まします。




これで完成。




水を張った容器に保存しておく。
使う時は、水を切って料理の仕上げの段階で加えます。(^-^)d


一日おきに水を替えれば、冷蔵庫で3日ぐらいまでなら大丈夫ですが
傷みが早いので、なるべく早く使い切ってしまいましょう。



(´・ω・`)ノシ
以上!
関連記事
スポンサーサイト