ポムスフレと海老天と牛肉チーズオムレツのカレーうどん




(´・ω・`)ノシ
ぼんじゅーる!


今日のMENUです。


ポムスフレ(ポテトボンボン)や、海老の天婦羅チーズと牛肉を包んだオムレツといった主役級のメニューで固めた


ちょっぴり贅沢で、食べ応えもある
豪華なカレーうどんを作りました。(^o^)v


ポムスフレ(ポテトボンボン) は最初、ただの フライドポテト の予定だったけど


急遽変更して ポムスフレ(ポテトボンボン) を久し振りに作ってみることにしました(パチパチ)。


狭い丼に色々盛りすぎてビジュアル的に
いささか、やり過ぎ感があるかな。
とは思いますが、まぁご覧ください(笑)。

【作り方☆レシピ】


《牛肉チーズオムレツ》
☆牛肉ミンチ
☆チーズ
☆卵
☆塩、胡椒


玉子、塩、胡椒、水を少し投入。




火を着け、フライパンに油を敷いて
牛肉ミンチを炒めてバットにとっておく。




別のフライパンに油を敷いて、溶いた卵液を流して
箸でぐるぐるかき混ぜ半熟になったら
炒めた牛肉、チーズをのせて包む。




《海老の天婦羅》
◆ブラックタイガー(殻を剥いて、背わたを取り、腰を折って真っ直ぐにする)
◆薄力粉
◆水

小さい海老を大きく見せる方法
背わたを取り、腰を真っ直ぐしたら
真ん中から頭に向かって切り目を入れて




観音開きする。




このまま衣を着けて揚げると、仕上がりが大きく見える。




薄力粉と水を溶いて衣を作り
薄力粉を薄くまぶした海老に付けて揚げる。




浮いてきたら、衣をパッパッと上から散らして付着させてやると
お店のような海老天が出来る上に、更に大きく見えます(笑)。


よくある衣を剥がしたら小さくて
ガッカリする海老天
は、このようにして作られるんです。(^^;)




《カレーうどん》
●うどん(棒状乾麺タイプ)
●青葱(小口切り)

【カレー出し汁】
〇水
〇和風だしの素
〇玉葱(スライス)
〇味醂
〇薄口醤油
〇砂糖
〇日本酒
〇カレー粉A(横濱舶来亭BLACK辛口)
〇カレー粉B(S&B)
〇水溶き片栗粉


鍋に 《カレー出し汁》カレー粉、水溶き片栗粉以外でうどん汁を作る。。


カレー粉A大さじ1、カレー粉B大さじ1を入れて溶けたら




水溶き片栗粉で緩めにとろみ付けする。



《ポムスフレ(ポテトボンボン)》
★じゃがいも(メークイン)
★揚げ油


続いて ポムスフレ(ポテトボンボン) を作ります。


今回は、王道の じゃがいも(メークイン) で作ります。




工程は、さつまいもの時と一緒ですが
今回は、80℃から入れるのではなく、火を着ける前の油に芋を投入してからのスタートになります。


やり方は一つではないので、色々試すべきですね。


型を使って垂直に切る。
(なければ別に包丁で切ってもいいです。)
型より大きいメークインはコレ一つでした。あとは小さい(笑)。




じゃがいもを繊維に沿って、キッチリ丁寧に3mm厚にスライスして面取りしたら




水に晒してアクを抜く。




ザルに上げて、水を切り、キッチンペーパーや
野菜専用に使用している清潔な布巾などで水分を拭き取る。




揚げていきます。
鍋を二つ用意して、それぞれに油を投入。


油用温度計を使い、一つはそのまま、もう一つは180℃にセットします。


今回は、油に芋を投入してから火を着けます。
火力は弱火。


最初に言っときますが、くれぐれもヤケドに注意してください。


入れたら鍋を小刻みに揺すりながら徐々に温度を揚げていく。


浮いて、表面が固まり激しく泡立つまで箸で突いたりするのはご法度です。
まだ表面が柔らかい内から、突くと崩れたり、穴が開いたりする。


浮いて泡が激しくなってきたら、更に鍋を激しく揺すり続けます。




表面がポツポツとまばらに 水膨れ 状態になってきたら
隣の180℃の油に落とすと、内部の水蒸気が瞬間的に発生して一気に膨張するので
ここで萎まないようにカリッとしっかり揚げます。


・・・ところが、油断して温度が設定より高くなってたせいで
一部黒くなってしまいました・・・。/(^o^)\


じゃがいもの買い置きがないので、仕方なくこのまま使います
(^^;)一応、みんな膨らんでるからね。


※ここで膨張せずに焦げ始めたら、その分は失敗です。




では、最後にうどんを茹でます。
沸騰したお湯の中で乾麺を10分茹でます。




水でキュッと締める。




再びお湯を沸かして、うどんを温めてお湯を切って入れる。
次いでに、どんぶり鉢も熱湯を入れて温めておくといい。




あとはちゃちゃっと盛り付け完成。


今回は、ポムスフレの一部が少し黒くなってしまいましたが
ちゃんと膨らんでるのでヨシとしよう(笑)。
(^∇^)ポジティブシンキング!


ポムスフレ を使わないなら代わりに、市販の ポテトチップス
フライドポテト を乗せても同じ味が再現できるでしょう。




丼にどう盛り付けようか悩みましたが
結局、丼を埋め尽くしてしまい訳の分からん形に・・・|||●| ̄|_。




海老天刻み葱 が乗ってるのを見て
「もしかして カレーうどんかそば? 」ってかろうじて分かるレベルでしょうかね?。




横から見ると益々何だかよく分からんけど、まぁいいか(笑)。




今日は、王道の メークインポムスフレ を作りましたが
さつまいも の方が何となく作り易い感じがしたね・・・。




当ブログ初登場の じゃがいも を使った正式な ポムスフレ(ポテトボンボン)


最近、フランス料理でもあまりお目にかからないと聞きます。
こういう素晴らしい技術は後世へ継承して行くべきですね。




《ポムスフレ断面図》
もはや、説明不要(笑)。




《チーズ牛肉オムレツ断面図》
卵もチーズもトロトロクリーミー、チーズと牛肉のうま味が
カレー出し汁と合わさった一体感が見事。(^-^)


海老天も旨い!(゚Д゚)




ちょっぴり贅沢で美味しいカレーうどんでした。(^-^)




(-人-)せてとれぼん!
関連記事
スポンサーサイト