山芋包みのマグロ丼




(´・ω・`)ノシ

今日の晩ごはんのMENUです。

1個150円の小さな【山芋】と【びんとろマグロ】を手に入れたので


擦り卸した山芋をびんとろで包んだ海鮮丼を作ってみました(^-^)。


【作り方★レシピ】
●びんとろマグロ
●山芋
●大葉
●刻みのり
●刻み青葱
●煎りゴマ
●わさび


《合わせ醤油ゼリー》
〇濃口醤油1
〇酒1
〇味醂1.5
◎粉ゼラチン(上の混ぜたのを少し使ってふやかす。水は使わない。)
※分量はアバウトです。


粉ゼラチンをふやかしてます。




鍋に《合わせ醤油ゼリー》の〇を入れて煮切って火を止める。




50℃に下がったらふやかしたゼラチンを投入して溶かす。




容器に入れて冷やし固める。




びんとろマグロの柵を




賽の目切りする。




その後、包丁で細かく叩くか、挽くかしてミンチにする。




お皿にラップを敷いて、その上にマグロを丸く広げる。




山芋をすり鉢で擦り卸す。
これの方が口当たりがいいですが
無ければ普通のおろし金で擦り卸します。




とても粘りが強いです、持ち上げても中々切れません(笑)。
Σ( ̄□ ̄)!この粘り強さは見倣いたい。




擦り卸した山芋をマグロの真ん中に置く。




ラップの四隅の端を持って束ねて
山芋を包むようにして端をねじって丸く形を整える。




《合わせ醤油ゼリー》が固まったら




包丁で細かく砕く。




ご飯の上に、大葉を敷いて、ゼリーを散らして
ハンバーグのように丸く成形した山芋包みマグロを真ん中に置く。




ワサビを天盛りして、刻みのり、刻み葱、白ゴマを散らして完成。




左下に《合わせ醤油ゼリー》が覗いてます。




断面図
山芋がとろりと流れ出るかと思いましたが
とても粘りが強いので流れませんでした(笑)。
食感は、柔らかめのお餅を食べてるような感じでしょうか・・・。




《合わせ醤油ゼリー》が下にあるので、崩して召し上がります。


今回、ゼリーを下に敷きましたが、刻みのりを先に敷いて
全て盛り付けた後、最後にゼリーを上から散りばめてもいいと思います。


まぁ、順番はお好きなように。(^-^)




とても美味しい丼でした。(^-^)



(-人-)ごちそうさまでした!
関連記事
スポンサーサイト