【大根】豚団子&ステーキ&雑炊&皮きんぴら&甘酢漬け【大根】





(´・ω・`)ノシ




今日のMENUです。
大根をメインに5種類作ります。




今の時期、煮物にしたりすると、とても美味しい大根。(^-^)
その大根に、相性のいい豚肉と組み合わせました。


《煮汁》には砂糖を加えず、味醂の甘さだけで
甘ったるさが押さえられているので


〆にご飯を入れて《雑炊》にすると
汁に溶けこんだ具材のうま味も余すことなく堪能できて絶品です。(^-^)b


【作り方★レシピ】

★大根
★糸こんにゃく(結びこんにゃくを作って軽く下茹でする)


《豚団子》下味
◆豚ミンチ
◆生姜
◆玉子
◆醤油
◆塩、胡椒
◆顆粒和風だしの素
◆ごま油


【煮汁】
●大根の茹で汁
●顆粒和風だしの素
●味醂
●薄口醤油


大根は、皮付きのまま、2cm幅に切り厚めに皮を剥く。
(皮のすぐ裏に固い筋がある)




目安は、良く見るとうっすらと色の違う境界線が見えると思いますが

この線のすぐ内側ギリギリまで剥きます。


この厚めに剥いた部分がもったいないので
これを使い、後程《皮きんぴら》を作るので捨てずに置いておきます。


続いて、縁をぐるっと【面取り】する。
これをすると、鍋の中でぶつかって
角が取れて見映えが悪くなることを防げますが
面倒なら省いてもいいです。


面取りした屑も《皮きんぴら》に使います。




その後、下ゆでする。
十字に切り込み入れたり、米の磨ぎ汁などは使いません。


茹で汁は【大根のうま味】が溶け出してるので
【煮汁】として再利用します。


《豚団子》を作ります。
ボウルに材料を入れて、底に打ち付けたりしてよく練る。




終わり。




茹でた大根にスプーン等で窪みを作ります。




その窪みに片栗粉を多めにまぶします。




そこに《豚団子》を詰める。




大根をの茹で汁は、うま味が出てるので、このままダシ汁に使用する。


【煮汁】の調味料を鍋に投入して
大根と蒟蒻を入れてヒタヒタにする。

落とし蓋をして弱火で暫く煮込む(煮立たせない)。
写真はアルミホイルで作った蓋です。




肉に火が通ったら、火を止めてそのまま自然冷却して一晩放置する。
(一旦外に出た《うま味》と《調味料》が大根に染み込んでいきます)。




翌日、温めて盛り付け完成。
大根がとてもいい色です(^-^)。




このダシが(゚Д゚)旨い!
かつお味ベースのスープに




大根の甘みと豚肉のコクのあるうま味がしっかり出てて




これに醤油が加わることで、味に奥行きと深みと風味が出ています。








断面図








続いて、《大根ステーキ》

これが、びっくりするほど美味しかった(笑)。
Σ( ̄□ ̄)!なんだこの旨さは?・・・


オーブンに入れられる耐熱容器に
油を敷いて先程の《豚団子大根》を乗せます。




その上に、とろけるチーズを被せて
乾燥パセリを振ったあと




オーブンでチーズに焦げ目が付くまで焼き上げます。




















ナイフを入れると
《豚団子大根》が吸った煮汁が「ジュワー」と溢れて最高でした。(^-^)




チーズの焦げた香りも香ばしく、チーズのうま味も加わり
複雑で奥深い美味しさを醸し出していました。


(^-^)大変美味しかったです。


続いて《雑炊》です。
〆に、余った《豚団子大根》の【煮汁】に、洗ったご飯を加えて煮て
玉子を落とせば美味しい《雑炊》になります。


他には、ラーメンの生麺とか、うどんを入れてもいけそうです。(^-^)旨い!


ご飯を洗ってヌメリをとってサラサラにしてから鍋に加えます。


鍋に、《豚団子大根》の【煮汁】を投入。




洗ったご飯を入れて




青葱と




溶き玉子を流して少しかき混ぜたら、蓋をして蒸らします。




天盛りに、豚団子大根を乗せて、青葱をあしらいます。




豚団子大根を崩していただきます。(^-^)




とても優しくて、ホッとする美味しさでした。(^-^)








うま味たっぷりの煮汁で炊いた雑炊
サラサラといただけて、美味しかったです。(≧∀≦)


続いて《大根の皮と人参と蒟蒻のきんぴら》です。(^-^)
仕込みの段階で余った【大根の皮】を使います。

《合わせ調味料》
●濃口醤油1
●酒1
●砂糖1
●味醂1
※分量はアバウトです。


〇ごま油
〇七味唐辛子
〇煎りゴマ


長い方を縦に細長く切ります。




人参(皮付きのまま)1本、蒟蒻1枚も同じように切り揃えます。




《合わせ調味料》を作る。
軽くレンチンして、砂糖をよく溶かす。




鍋にごま油を適量投入。




まずは、大根の皮と人参を炒める。




蒟蒻投入。




炒まったら、《合わせ調味料》投入。
煮詰まるまで強火で一気に炒め続ける。


【きんぴら】は【炒め料理】だという認識なので、煮過ぎると
シャキシャキした歯応えが楽しめなくなります。


なるべく汁に浸かってる時間が短くなるように
水分を飛ばすようにして強火で炒め続けます。


殆ど汁がなくなったら、七味唐辛子投入。




煎りゴマ投入して混ぜて合わせる。




器に盛り付け完成。




歯応えが良く、ピリッと甘辛くて
ごま油の風味が食欲をそそります。




コリコリした食感が楽しいですね。(^-^)




最後に、甘酸っぱい《大根と人参のピリ辛甘酢漬け》を作ります。


オードブルとか、カレーライスなど
季節は過ぎましたが、冷やし中華にも添えると美味しいです。(≧∀≦)


材料を極細切りします。




塩をしてしんなりさせる。




水が出たら




ザルに入れて、流水で塩を洗い流す。




ザルを上げて水を切る。




両手で水をギュッと絞る。




《甘酢》を作ります。
酢10
砂糖8
※分量はアバウトです。

を、合わせて鍋で沸かして冷めたら小口切りした鷹の爪を入れます。


砂糖投入。




酢投入。




混ぜる。


火にかけて沸かして冷ます。


容器に絞った材料を入れて




冷ました甘酢を注いで小口切りした鷹の爪も入れて冷蔵庫に一日置く。




完成。
コリコリ歯応えも良く、爽やかな甘酸っぱさです。(≧∀≦)







(-人-)ごちそうさまでした!
関連記事
スポンサーサイト